とある日本人のカルチャーショック おたまのひとりごと その0

Sponsored Links
おたま
おたま

こんにちは、おたまです。

ヨーテ
ヨーテ

やぁ。ヨーテだよ。急にこんなところに呼び出して、どうしたんだいおたま。

おたま
おたま

なんかさ、私、日本を出てきてから、もうすぐで3年になるのね。通算。

最近はスウェーデン語もわかってきたし、いろんな人と話す機会が増えたから、こっちでの生活が板についてきた気がするというか。

ヨーテ
ヨーテ

ほう。いいことじゃないか。

おたま
おたま

で、気づいたことがあるんだけど。

よくさ、「人の性格は~歳までに決まる」とか聞くじゃん。

私今アラサー真っ只中で、世間的にはどこからどう見ても大人の分類なんだけど。

ヨーテ
ヨーテ

スウェーデン王国ができる前からここに住んでるぼくから見れば、おたまなんてヨッチヨチの赤ちゃんだけどね。

おたま
おたま

最初にスウェーデンに住み始めた時も、もうすでに大人だったんだけど、

それから3年間くらいで、色々なことに対する考え方がものすごーーーーーーく根本的に変わったんだよね。コペルニクス的転回レベルで。いい大人なのに。

しかも今も毎日、変わり続けてるの。

ヨーテ
ヨーテ

へぇ。それはおかしいね。

そういえばなんでスウェーデンに来たんだっけ。

おたま
おたま

まぁ、最初は大学の留学で来たんですよ。1年。

理由は大学の研究が関係してたのと、外国の中では比較的住みやすそうだったからっていうのが大きい。

でも正直、その時はあんまり深く考えてなかったというか、生活の違いに慣れるのに必死で、スウェーデンの生活を元に大きな教訓を得たとか、強い志が形成されたということもなく、日本に帰国したら考え方がほとんど元に戻っちゃったんだよね。

もちろん、新しいことを知ることはできたけど、知っただけで、それを噛み締めてはいなかったというか。

ヨーテ
ヨーテ

毎日美味しそうな木の実がないか探し回っているだけのぼくにはよくわからん話なんだけど、具体的には?

おたま
おたま

変わったことがありすぎて具体例となると…

まぁ一番は、ジェンダーの問題なのかな。いかに自分の今までの生活にジェンダー問題が関わっていたのかということは、スウェーデンに来てから毎日毎日痛感しているよ。

ヨーテ
ヨーテ

ヨーテには性別という概念が理解できないんだけどね。

おたま
おたま

でもそれだけじゃなくて、本当に色んなことを毎日考えるようになったんだよ。

ヨーテ
ヨーテ

日本にいた時は考えてなかったの?

おたま
おたま

楽しいなぁとか、辛いなぁとか、理不尽な世の中だなぁとか、幸せだぁ〜とか思うことはもちろんたくさんあったけど、「なんで」そういう風に思うのかということまで考える暇とか余裕がないうちに、色んな感情を抱えながら現状の忙しなさに流されて忘れていく…、という感じだった。

ヨーテ
ヨーテ

じゃあ逆に、なんでスウェーデンではそういうことを考えるようになったの?

おたま
おたま

まずはスウェーデンという国の特色…社会主義、人道主義、人口が少ない、自然が多い、寒い、暗い、移民が多い、とか他の国と比べても特徴的なところは、新鮮だから目を向けざるを得なくなったかな。

でもやっぱりスウェーデンに限らず、海外に住んだり、日本国内でも都市から田舎(もちろん逆も)に移住したりすることで、今まで当たり前だと思っていたことがひっくり返されると、見えなかったものに目を向けることができるようになって、環境や社会についてより意識的に考えることができるようになるんだと思う。

実感を元に真実を探ろうとするのって楽しいしね。

あとは、日本にいた時と比べて時間的余裕ができたのと、他人との距離が広がった(一人の時間が増えた)のはかなり大きい。

ヨーテ
ヨーテ

じゃあ、ぼくが東京に引っ越したら、それも色んなことを考えるきっかけになるのかな。

おたま
おたま

そうだと思う。外国から日本に移住した人たちも絶対色んなことを考えていると思うよ。

日本にいる外国人と会話をすると、日本人よりも日本についてよく知っている、ということがよくあって、それは彼らが”日本のことが好きだから”というだけではなくて、むしろ日本とは異なるバックグラウンドを持っているからだと思うんだよね。

住む環境を変えた人たちは、必然的に「前提を疑うようになる」んだと思う。

そうすると、今まで言葉でどう表していいのかわからなかった不満や理不尽な気持ちは、実は地球の裏側では既に論点化されて解決に向けた実践もなされている、ということに気付けるかもしれない。私はスウェーデンに来てからそういうことが本当に多くてね…。

ヨーテ
ヨーテ

でも住む環境を変えるのって、難しいよね。よっぽどのことがないとなかなかできないよ。

おたま
おたま

そうなんだよねぇ。私もたまたまそういうことになっただけだからね。

だから、日本から一歩も外に出たことがなくても、生まれた街以外に住んだことがなくても、「今生きている場所が世界の全てではない」と思える人が一人でも増えたらいいなと思ってて…。

そのために、私の日本を出てからの考え方の変化について、ここでちょこちょこ書いていきたいと思ってるの。

ヨーテ
ヨーテ

おたまの日本での話も織り交ぜつつ話してくれよ。

おたま
おたま

移住した国がスウェーデンだったということが日本人の私にとってとても大きな意味を持つのも確かだから、スウェーデンと日本を対比的に書くことになるかな〜。

どちらの国がいい、悪いという風には片付けられないんだけどね。

ヨーテ
ヨーテ

おたまって日本とスウェーデン以外で暮らしたことないの?

おたま
おたま

実はデンマークにも、少々…。

ヨーテ
ヨーテ

同じ北欧の国でも、結構ディテールが違ったりするから、気をつけるんだぞ。

おたま
おたま

ど、努力します…。

Sponsored Links
Sponsored Links
このページをシェアする
Tomte_seikatsuをフォローする
Tomte生活
タイトルとURLをコピーしました